2009年02月04日

ヤナーチェク 交響的狂詩曲『タラス・ブーリバ』

 現代は多様性社会です。多様性とは

一概にこれはこうだ

といいきれないことだと思います。それでは、多様性とは個性がないのでしょうか。多様性の一面一面はそれほど個性やオリジナリティがなくても、それらが組み合わさったとき、驚くべき個性を発揮するものです。

 ひとつひとつの専門能力よりも、専門能力を組み合わせる能力が求められています。本で言えばコンテンツとなる専門知識よりも、専門知識をどのように組み合わせて魅せるかという編集能力の方が求められていると言ってもいいでしょう。

 ドヴォルザーク、スメタナに次ぐチェコの作曲家ヤナーチェクの『タラス・ブーリバ』はどんな曲ですかと尋ねられた時どのように答えるのがいいでしょうか。

ヤナーチェクの管弦楽の傑作
東欧の管弦楽の傑作
愛国心にあふれた曲
物語を描写している曲


いろいろあると思いますが、僕の答えは

多様性が結集した東欧の作曲家が産んだ交響詩の最高傑作
です。

ワーグナー風な音楽
印象派風の音楽
民謡風な音楽
モダンな管弦楽法


いろんな要素が、親しみやすい旋律と巧みなオーケストレーション、そしてヤナーチェクの火のような愛国心で見事に一つになっています。もっとメジャーになってもおかしくない傑作です。

『タラス・ブーリバ』とはゴーゴリの同名タイトルの小説の主人公(コサックの首領にして予言者)の名前です。ヤナーチェクはこの小説を読んで感銘を受け、この小説に基づく標題音楽を作曲したのでした。

第1曲アンドレイの死
アンドレイはタラス・ブーリバの次男。とてもロマン的な音楽。途中から不穏な空気が忍び寄ってくる。最後はばっさりと事切れたように音楽が終わる。

第2曲オスタップの死
オスタップはタラス・ブーリバの長男。非常にユニークで親しみやすい行進曲。一度聞いたら忘れられないリズム。第1曲同様途中から不穏な空気が忍び寄ってくる。高音のクラリネットの強奏が残虐さを演出する

第3曲タラス・ブーリバの予言と死
怒りと苦悩の不気味な音楽で始まる。彼も捕らえらるが、予言を口にする。「コサックは不滅だと」オルガンの壮麗な響きに乗って流れる輝かしい旋律が印象的。これでもかというほど繰り返される。

 物語だけを見ると、決して感動的ではなく、シニカルな内容ですが、音楽を聴いていると、とても刺激的です。同時代のストラヴィンスキーにもバルトークにもない、この音楽の持つ個性は何物にも代え難い魅力があります。



posted by やっちゃばの士 at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤナーチェク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。