2009年01月14日

こんな時はこの曲「新年に聴きたい曲@」

 このブログもしばらくお休みが続いてしまったが、2009年を迎えて今日が初エントリーとなる。お正月はもう過ぎてしまったが、新年にふさわしい曲を今日は紹介する。

スメタナの交響詩『我が祖国』より第1曲ヴィシェフラド

この曲は第2曲『モルダウ』によって超有名曲となっているが、僕が新年にふさわしいと思うのは第1曲『ヴィシェフラド』である。『ヴィシェフラド』とはプラハ市内(チェコ)にある城で、高い城とも訳されている。

 曲はハープの清らかな旋律で始まり、しばらく後、オーケストラによって静かにヴィシェフラドの主題が姿を現す。ハープの響きは新年の新しい清らかな朝の雰囲気そのものであり、朝日を浴びてヴィシェフラドが眠りから目を覚ます音楽は、まさに穏やかな新年の朝を山や川、海、街などを眺めながら迎える時に味わう心情そのものである。

 やがて曲は緊張した雰囲気に入っていくのだが、ここはまさに

 新年の固い決意を誓う僕たちの心の動き

そのものである。すべての出発点、動機の出発点とでも言ったらいいのだろうか。本当に内容の濃い曲である。『我が祖国』の中でもスメタナはこの第1曲に相当力を入れたのではないだろうか。ヴィシェフラドは一言で言えば

 あらゆる可能性を秘めた種のような音楽

である。この第1曲は可能性の余韻を残して静かに曲を閉じる。

 さて、『我が祖国』
第1曲『ヴィシェフラド』
第2曲『モルダウ』
第3曲『シャールカ』
第4曲『ボヘミヤの森と草原から』
第5曲『ターボル』
第6曲『プラニーク』


からなるのだが、どの曲も傑作ばかりで、説明が長くなるので、今日は割愛。ちなみに僕のベストは『タボール』と『プラニーク』。この2曲はフス教徒のコラールが共通の主題として扱われており、密接な関係を持つ。ちなみにこのコラールはドヴォルザークの交響詩『フス教徒』にも使われている。

 それにしても、この曲はスメタナの数少ない傑作の中でも飛び抜けて霊感に満ちており、なぜこんなすばらしい曲を書くことができたのか不思議の思うのは多分僕だけではないはずだ。スメタナは耳が聞こえない状態で、この曲を書いたと言われるのだから、やっぱり神懸かった奇跡の曲であることは間違いなさそうだ。



posted by やっちゃばの士 at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スメタナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。