2008年10月16日

リヒャルト・シュトラウス交響詩『ツァラトゥストラはこう語った』

 東京湾に浮かんだ白い月。何千年前の旅人も、何千年後の後孫もやはり同じような表情の月を見るのだろう。幸福な人は、月の光に祝福を感じ、幸せを感じられない人は癒しを感じるのだろうか。

 ツァラトゥストラは山の中に10年間こもっていたが、ある日人々に知恵と思想を説くために山を下るのである。僕はこの山を下る一節に感動して、岩波文庫を買った。多くの比喩や自然が登場し、芸術を愛したニーチェならではの独特の表現が印象的だった。それでも、高校生の僕には難解だった。確か上巻だけ読んでやめてしまった記憶がある。

 それにしても、ツァラトゥストラは夜の音楽。弱者を癒す音楽だ。憧れの主題も喜びの主題も、夜の幻想の中に咲き乱れた幻の花々のようだ。夢の中で生きようとする超人の思想。まさにこれは、弱者が強者に生まれ変わる思想である。

 哲学は個人体験が大きく影響するものだ。牧師の子として生まれたニーチェだったが、病弱だった彼はおそらく幸福な幼少期を送れなかったのだろう。そのような自分を救ってくれないキリスト教に背を向け、成功した裕福なワーグナーにも背を向けた彼の生き方を見ていると、彼は幸福を自ら拒否する弱者だったのだろう。

 知には満たされていたが、愛に満たされなかったのであろう。人間の心には知情意があるのだが、知は真理を求め、情は愛を求め、意は行動を求める。知によって愛を得ることのできなかった彼は次第に孤独に、苦痛になっていく。苦痛をそのまま受け入れて生きる。苦痛を受けている自分を肯定する。そこには善悪も愛も感謝もない。ただ盲目的に生きようとする意志があるだけ。弱者が強者に生まれ変わるのだが、そこには何をやっても許されるという権力が絶対的なものとして生まれる。危険な思想だ。

 今、格差社会と言われているが、このような弱者が強者に化けようとする思想が知らず知らずのうちに育っているのではと思ってしまう。秋葉原のテロ事件はそのような例のひとつだろう。ニーチェの哲学はアンチ幸福から出発していることを忘れてはならない。

 今日は音楽から全くはなれた内容になってしまった。音楽は恍惚と癒しを与えてくれるすばらしい夜の音楽だ。この曲はシュトラウスの交響詩の中でも難解だと思っていたが、今はとても奥の深い曲だと思うようになった。ニーチェのことは忘れて秋の夜長に聴いてみよう。

posted by やっちゃばの士 at 22:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リヒャルト・シュトラウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

リヒャルト・シュトラウス交響詩『死と変容』

 リヒャルト・シュトラウスの交響詩はすべて人を扱っているのが特徴である。その中でも『死と変容』、『ツァラトゥストゥラはこう語った』『英雄の生涯』は人を扱っているといっても、その題材の取り上げ方が特異である。リヒャルト・シュトラウスはオーケストラの大家として、曲の外面的な特徴ばかりが強調されるが、曲の持つ内面的な世界も充実している。

 『死と変容』は僕が始めて買ったシュトラウスの作品だった。カラヤン盤でメタモルフォーゼンとのカップリングだった。曲の雰囲気は違うが、この2つの曲にどんな関連性があるのだろうかと思いながら聴いた記憶がある。

 僕は学生の頃、病気で家で横になり、何もする気が起こらなかった時期がかなりある。大学の卒論も、このおかげで途中で放棄し、留年してしまった。そんな苦しい時期によくこの曲を聴いた。葛藤から快方へ、この曲を聴きながら、いつ開けるか分からない暗闇の時間をかすかな希望を抱きながら過ごしたものだ。

 今でも、この曲は一番身近に感じる彼の交響詩だ。夜露に濡れた窓ガラスを見ていると、この曲を思い出す。

白露に風の吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞ散りける 文屋朝康


posted by やっちゃばの士 at 00:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リヒャルト・シュトラウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

リヒャルト・シュトラウス交響詩『マクベス』

 リヒャルト・シュトラウスの優れた交響詩の中にあって一番マイナーな存在が、リヒャルト・シュトラウスの交響詩の処女作

交響詩『マクベス』

です。知名度は地味ですが、内容は、荒々しく男性的な主題、高揚感は抜群で、耽美的な女性的な主題も忘れずと、高コレステロール的音楽好きにはたまらない作品です。気持ちを高揚させてくれる音楽としては、メジャーな傑作

交響詩『ドン・ファン』
交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』
の上を行くと思います。円熟された技術よりも、若々しい新進気鋭の青年作曲家の気合という点で、他の交響詩にはない魅力があります。

荒々しいマクベスの主題
優しく叙情的なマクベス夫人の主題
勇壮な勝利の行進

 さて、マクベスは言わずと知れたシェークスピアの作品ですが、シェークスピアの傑作の中で、最も残忍でえぐい作品です。魔女や亡霊、悩み、殺意など美しい音楽とは相容れないキーワードに満ちています。ところが、リヒャルト・シュトラウスの作品はこのグロテスクな雰囲気を全く感じさせません。物語が作曲家のフィルターを通して、かなり違った雰囲気に再構成されているように思います。このことは、他の彼の交響詩にも見られることで、リヒャルト・シュトラウスの交響詩の特徴です。

 ロマン・ロランはリヒャルト・シュトラウスについて次のように述べています。

「リヒャルト・シュトラウスは詩人であり、同時に音楽家である。この2つの性質が彼の中に共存して、一方が他方を征服しようとしている。ヨーロッパには偉大な音楽家が他にもいるが、リヒャルト・シュトラウスは同時に英雄的人物の創造者である。」

ちょっと、大げさな賛辞の言葉ですが、僕はこの詩人という言葉を哲学者に置き換えてもいいのではないかと思っています。彼は、歴史的(物語中の)人物に自らの姿を投影させて、新しい物語を再構成するという点で非常にユニークな存在です彼の他の交響詩のタイトルとそこに登場する人物がそのことを物語っています。ちなみに、ベルリオーズが「マクベス」に音楽をつけたら、もっとグロテスクで劇のイメージに近いものが出来上がっていたでしょう。

 最後に、リヒャルト・シュトラウスの交響詩で重要なキーワードを上げておきます。

@女性(マクベスでは3人の魔女、マクベス夫人)
A英雄(マクベス)
B人生(マクベスの生涯)
posted by やっちゃばの士 at 00:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | リヒャルト・シュトラウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

リヒャルト・シュトラウス 交響詩『英雄の生涯』

 2010年を迎えて今回が初めてのエントリー。新年に聞くべきクラシックというテーマで考えていたのが、


リヒャルト・シュトラウスの交響詩『英雄の生涯』



この曲の冒頭の『英雄の主題』ほど、希望と期待を感じさせてくれる音楽はまずないだろう。

変ホ長調
躍動的なシンコペーション



ベートーヴェンの『英雄』をパクッたこの『英雄の主題』は完全にリヒャルト・シュトラウスのものである。大管弦楽によるその壮大さと色彩感は


まるで山の頂上からの俯瞰的な眺望のようだ


英雄への非難と嘲笑
英雄の妻
英雄の戦い
英雄の業績
英雄の死


と音楽は展開していくが、僕は思う。「なぜ、リヒャルト・シュトラウスは30代半ばにしてこのような曲をかいたのだろうか」

彼はこの曲を最後に交響詩から遠ざかり、オペラの作曲を始める。従って、交響詩作曲家としてのキャリアの総決算という意識があったのは間違いない。


リヒャルト・シュトラウスの交響詩の特徴は、すべてが「人物」を主題として扱っていることである。マクベスやドン・キホーテ、ツラトゥストゥラと様々な人物が彼の交響詩で主役として登場するが、おそらく彼らは


作曲者の分身である


彼は家庭では、妻の尻に敷かれていたという。また、ブラームスに異端児と言われながらも、調性音楽を最後まで貫き通したというその作風はきわめて保守的である。したがって、彼を一言で言い表すなら、


革新的な保守主義者


である。革新的な保守主義者は、得てして気が弱いものである。だから、空想の世界で変身するのである。ちなみに、僕の気質は結構彼に近い。だから、彼の音楽が好きなのかもしれない。



リヒャルト・シュトラウスは夢見る人だった。



願わくば、この曲のような1年でありますように。




posted by やっちゃばの士 at 20:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リヒャルト・シュトラウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。