2008年03月03日

シューベルト交響曲9番「グレート」

 シューベルトに対する一般の人々のイメージは、親しみやすい歌曲や室内楽など、どちらかというと小品の作曲家というイメージがあるのではないだろうか。

 もちろん、シューベルトファンの中にも、愛するべき旋律が一番の魅力と感じている人も多いと思うが、美しいメロディーが果てしなく続いていくその巨大さに虜になった人は、もっとシューベルトの音楽を愛するだろう。

 僕は、シューベルトの音楽を聴いていると、さすらい人の姿がいつも浮かぶ。この明るく堂々とした曲についてもそうだ。第2楽章など山野に咲く野花のそばを旅する若者の姿を連想してしまう。

 若者の理想、憧れ。完成された芸術、アポロン的なものへの憧れ。全曲を通じて、彼の長大な曲にはめずらしく、暗い影を感じさせるところがない。

 ぽかぽかとしてくる春の陽気の中、僕は期待に胸を膨らませるときこの曲を口ずさみながら歩きたくなるのだ。


愛聴盤  フルトヴェングラー、ベルリンフィル(DG)
posted by やっちゃばの士 at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | シューベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

J.S.バッハインヴェンションとシンフォニア
Excerpt: 私は音楽全くのド素人で何十年やっても子犬のワルツすらまともに弾けません。幼稚園から高校まで習っていたけど最後はチェルニー30番終了という信じられない上達の悪さです。さて本題ですが20年ぶりにピアノ再開..
Weblog:
Tracked: 2008-03-11 03:37
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。