2008年02月25日

シベリウス交響曲第3番ハ長調

 夕方5時を回っても外は明るい。
 運河の向こうには、東京湾が広がり、房総の山がかすんで見える。
大きな客船がゆっくりと進んでいる。

 僕は8年前ぐらいだろうか。船と鉄道で韓国を旅したことがある。済州島の民宿に泊まり、船で木浦に向かった。木浦で何日か滞在し、セマウル号でソウルへ。僕は旅のお供にと木浦のレコードショップでカセットテープを買った。テープのジャケットにはハングル文字でキョンヒャングとかかれている。それだけで、僕は何か貴重なものを手に入れた気持ちになった。アシュケナージ盤だった。

 ちょうど季節は今頃だった。韓国最南端の島とはいえ、まだまだ肌寒さが厳しい。みかんの匂いが風に乗ってながれてくる。僕は無職だった。海を眺めながら、新しい出発ということを何度考えたことだろう。寒い海風に当たりながらも、前途に期待を感じる。僕の頭にはこの曲の1楽章の軽やかな旋律が旋回していた。

 韓国の旅から帰ってきて、1ヶ月後には岡山から東京に出てくることになるとは、このとき思ってもいなかったのだが。

posted by やっちゃばの士 at 17:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シベリウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。